一般歯科

一般歯科

歯周病治療

成人における約8割が歯周病に罹患しているというデータがありますが、歯周病の原因は、歯の表面に付着している歯石によるものです。長期間歯石を付着させたままでいると、歯茎は赤く腫れ、次第に歯を支えている骨にまで炎症が波及し、最悪、歯が抜けてしまう非常に恐ろしい病気です。

 

当院では、皆様の歯を守るために歯周病予防として基本となるブラッシング指導を集中して行い、歯の表面に付着している歯石除去を行っていきます。

 

歯石取りは、痛いというイメージがあるかもしれませんが、当院では歯石除去専用の超音波による器具を用意していますので、少ない痛みで安心して治療を受けられます。

 

今では歯科技術の進歩により、自分の歯と変わらないようなインプラントという非常にいいものがありますが、やはり何よりも自分の歯が一番である事に変わりはありません。できるだけ歯を抜かずに一生ご自分の歯を使っていただけるようにその手助けをしたいと常に考えております。

 

虫歯の治療

当院では虫歯の治療を受ける際にはまず、口腔内カメラなどを使い、虫歯の状態について説明し、理解していただく事から始まります。

 

昔の虫歯の治療は大きい範囲で歯を削っていましたが、最近の治療では、接着剤や詰め物の向上により、虫歯の部分しか歯を削りません。歯を削る量を最小限にする事で、歯の寿命は間違いなく長持ちするのです。

 

小児歯科

※歯医者が嫌いなお子様はたくさんいます!

 

よく歯医者が嫌いで診察する前から泣き出してしまうお子様もたくさんいらっしゃいます。それについて悩んでいるご両親から何件かご相談も寄せられています。

 

子どもの記憶は大人になっても引きずってしまう事が多いもの。
アクア歯科クリニックでは、お子様に無理はさせず、慣れることからはじめていきます。これにはご両親はもちろん、私たちが根気よく付き合っていくことが大切になります。
そうすることで、初めのうちは泣いていた子も、今ではほとんどの子が、治療できるようになっています。

 

短いペースでフッ素塗布・少しずつ口をあけることから始めていき、スタッフ・病院に十分に慣れてもらい必要な治療へと移っていきます。この時も、お子様に苦痛を与えないよう気遣って治療をしますが、虫歯の具合によっては、どうしても仕方のない場合もあります。ご理解の程、よろしくお願いいたします。

 

アクア歯科クリニックでは、

 

☆シーラント
(奥歯の虫歯になりやすい溝をフッ素で埋める予防処置)

 

☆フッ素塗布
(フッ素は歯の表面から取り込まれ、歯の結晶の一部になります。フッ素を含んだ歯の結晶は丈夫になり、虫歯菌の出す酸に対して溶けにくくなり、虫歯の予防につながります。)

 

を積極的に行っていきます。

 

乳歯の重要性

乳歯は、一定期間たつと永久歯に生え変わります。短期間でお子様の成長において様々な役割を果たしているのです。乳歯の役割は大きく3つあります。

 

1つ目は「よく噛むこと」です。
よく噛むことは、お子様の成長や発達に必要な栄養が効率よく吸収され、脳の発達にも役立つと考えられています。

 

2つ目は、「発音」。多くの言葉を学習する幼児期では、歯が健康であることで正しく美しい発音をすることができます。

 

3つ目は、「永久歯の誘導」です。乳歯から永久歯に生え変わる時期には、乳歯の根は吸収され、次に生えてくる永久歯を誘導します。そのため、乳歯が早期に虫歯になっていると不正咬合の原因になるおそれがあります。

 

このように大切な役割がある乳歯を、むし歯のまま放置しておくと、将来の成長に大きく影響を与えてしまう可能性が高いのです。もし、むし歯になってしまったら、早期の治療をお勧めします。

 

予防歯科

予防的な歯科ケアで健康的な生活をおくります

アクア歯科クリニックでは、むし歯にならないためにも予防歯科に力を入れています。検診時に、歯周病の検査を行っています。また、PMTCという、歯科医院で行う歯のクリーニングも行っています。悪くなってから治すのではなく、定期的な検診により早期発見、そして予防ができるので、歯が痛くなくても、歯科医院にご来院されるということが大事になります。

 

歯も痛くないのに歯医者に行くというのは、なかなかできないかもしれませんが、美容院に行くように「歯のクリーニングをしてください」と受付にいっていただければと思います。そうした歯のケアを習慣づけていくことで、お口の中は、いつも健康な状態を保てます。また、フッ素塗布も行っています。

 

歯周病予防

昔なら、むし歯によって抜歯していたケースでも、現在では医学の進歩と歯科材料の進化により、保存する事が可能になってきています。しかし、歯周病は、最悪、骨を溶かしていく病気のため、歯が動いてきてから、治療を開始しても、手遅れになってしまう事もあります。当クリニックでは、プラーク(歯垢)・歯石などの汚れを取り除き、さらには予防的な処置を重点的に行っています。

歯周病菌やむし歯菌のチェック、歯の動揺や汚れの付き方のチェック、歯の正しい磨き方のチェック等を行っています。

PMTC

PMTCとは

P=プロフェッショナル(プロによる)

M=メカニカル     (機械的)

T=ティース      (歯の)

C=クリーニング    (お掃除)

機械のブラシと特殊なペーストを使って歯の表面に付着している汚れを取り除きます。

歯垢や細かい歯石、バイオフィルム(細菌が作り出す膜)、着色を落とした後は歯の表面がつるつるになります!

それによりむし歯や歯周病の予防になります。